介護事業者様が活用できる「補助金」・「助成金」とは?介護事業者様の課題を解決!

Document

介護事業者様が活用できる補助金・助成金とは?

本日は、介護事業者様が活用できる「補助金」や「助成金」についてご紹介させていただきます。

介護事業者様の中で、
「 IT技術を導入したいのに、資金的な余裕がない…。」
「 経営的に苦しい状況で、何か公的な支援が受けられないだろうか…。」
といった、悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

そのような課題を解決する「補助金」・「助成金」について、概要とそれぞれの違いについてご説明します。

 この記事を読むべき人は?

 介護事業所を経営している経営者様

 新サービス導入を検討中の管理者様

 日常業務の効率化ができないかと考えてるスタッフ様

補助金・助成金

■補助金と助成金の違いとは?

インターネットやテレビなどで、耳にする機会の多い「補助金」や「助成金」という言葉。
ただ、その内容について十分に理解できているという人は、少ないのではないでしょうか?

「補助金」と「助成金」は混同されやすいのですが、それぞれ意味が異なり、以下のように分類されます。

【補助金】
主に、経済産業省や自治体が、税金を使い、新規事業等の振興を目的とし、支給する制度。

【助成金】
主に、厚生労働省が、雇用関連の支援を目的として、支給する制度。

上記のように類似の言葉ですが、意味が異なっているものって多いですよね。

「補助金」や「助成金」を受給することは、
各種先端技術の導入を積極的に行い、法令を遵守している企業というイメージに結びつくこともあり、
金銭面以外でのメリットも見込めるため、上手に活用することが重要です。

■補助金と助成金の比較

上記で簡単にご紹介した、「補助金」と「助成金」ですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

No.     補助金  助成金
1申請先・経済産業省や各地方自治体 ・厚生労働省や経済産業省、各地方自治体
2目的・新規事業 / 新規サービスの導入、
 新規施策促進のサポート
 ・雇用関係の支援(主に厚生労働省)
 ・研究開発の支援(主に経済産業省)
3具体事例・歯科医院での電子カルテ導入※①
・クラウド型の介護業務支援ソフトの導入※②
 ・有期労働者に対する基本給の2%アップ※③
4財源・税金 ・保険料
  ※会社が支払う雇用保険料
5支給要件・全応募を対象に、審査を行い比較検討した上で、
 一部の事業者のみに支給
 ・要件を満たせば、原則支給
6審査基準・あり ・なし                     

※具体的事例の詳細は、以下URLをご確認ください。
 ①:独立行政法人 中小企業基盤整備機構(https://it-case.smrj.go.jp/2020/sed
 ②:独立行政法人 中小企業基盤整備機構(https://it-case.smrj.go.jp/2021/sasayaki
 ③:厚生労働省山口労働局(https://jsite.mhlw.go.jp/yamaguchi-roudoukyoku/riyousha_mokuteki_menu/mokuteki_naiyou/joseikin/career_03.html

■介護事業者様が活用できる補助金・助成金


「補助金」・「助成金」は、介護事業者様が抱える、以下のような悩みを解決するために活用できます。

 1. 「人材雇用」に関する悩み

 2. 「職場環境の整備」に関する悩み

 3. 「従業員の待遇改善」に関する悩み

 4. 「人材育成」に関する悩み

 5. 「IT機器導入」に関する悩み 

上記のように、抱えている課題に応じて、適切なものを選択し、申請する必要がございます。
今後、今回ご紹介した各種「補助金」・「助成金」の内容について、具体的にお伝えしていきます。

スマイリオでは今後も、介護事業者様に寄り添った情報を発信していきますので、引き続きご愛読を宜しくお願いいたします。


参考資料は以下URLでご確認下さい。
各種「助成金」・「補助金」が記載されております。
・厚生労働省HP : https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html
・独立行政法人 中小企業基盤整備機構HP : https://www.smrj.go.jp/index.html

スマイリオロゴ